リオデジャネイロ・おすすめ観光地

 リオデジャネイロは、実は昔はブラジルの首都だったことをご存じでしょうか。

リオデジャネイロ 観光地

1763年からブラジリアに首都が移る1960年までの間、リオデジャネイロは首都として活躍していました。

 

ブラジリアに首都が移ってからも、リオは文化や観光の中心となっています。
ですから、観光地も多く、観光客も集まります。あの有名なリオのカーニバルもリオデジャネイロで行われています。

 

 そんなリオデジャネイロのおすすめの観光地をいくつかご紹介します。

まずは、「コルコバードの丘」です。この丘は、標高710メートルのところにあり、そこには大きなキリストの像が立っています。このキリスト像は、台座が8メートル、像の大きさは30メートルにものぼります。その大きさに圧倒される観光客も少なくありません。この丘に登れば、リオの街並みを一望することができ、景色も最高。思わずカメラを向けたくなるようなその景色を見てみたいと思いませんか。

 

 次に紹介するのは「ポン・ジ・アスカール」です。

ここも良い景色を見て、楽しむことができます。コルコバードの丘と同じくらい有名な場所ですが、夜10時まで開いていますので、コルコバードの丘よりも長くいることができます。夜の夜景は絶景ですので、おすすめ。ロマンティックな気分を味わうこともできますよ。ただ、時期に気を付けないと、全く景色が見えない時があるようです。霧がかかることも多いので、注意が必要ですね。

 

 リオは景色だけではありません。

やはりビーチも有名なのがリオデジャネイロ。中でも「コパカバーナ・ビーチ」は観光客も現地の人も多く訪れる場所です。小麦色にこんがり焼けた美女たちに出会えるのもこの場所ですね。もちろん、自分でこんがり焼いても良し、バレーボールゲームをやるのも良し、何をしても楽しめるのがリオデジャネイロのビーチです。日本や南国の島とはまた違ったビーチの感覚を楽しめるのも良いですよね。

 

 

文化に触れたい人は、「カテテ宮殿」が良いでしょう。


カテテ宮殿とはいっても、周りには博物館、劇場、アートギャラリー、映画劇場、レストランなどがあり、かなりの賑わいを見せている場所です。もちろん、その宮殿にも人が集まります。昔は大統領の官邸として使われていました。内装は当時のままなので、きらきらと輝く内装や家具を見ることができます。アジア圏では見られないような内装を楽しめます。リオにはカーニバル以外にも楽しめる場所がいっぱいあります。カーニバルを楽しんだ後にでも行ってみたらどうでしょうか。


[PR]

リオデジャネイロ・おすすめ観光地関連ページ

マラカナン競技場(W杯)【リオ五輪】
ブラジル旅行の準備、持っていく持ち物、便利な必需品、リオデジャネイロなどの観光スポット情報、一人旅安心スーツケース、格安チケット、ホテル情報、知って得する旅の話などをお伝えしています。