リオデジャネイロ旅行準備・持ち物

リオデジャネイロの旅を快適に楽しもう!

 “リオデジャネイロ”(以下、リオと略します)、と初めて聞いたとき、「なんだこの名前は?!」と笑ったのを覚えています。
ブラジルの首都はブラジリアですが、リオデジャネイロは特に、子供達にとってはそれ以上に有名で、聞いたことのある地名かもしれませんね。

 

オリンピック開催の町

オリンピックはこのリオで行われますし、教科書に載っているカーニバルも、リオのカーニバルが一番大きくて有名ですからね。
そんなリオデジャネイロへは、日本からもいろいろなツアーが出ています。旅行会社によってはカーニバルだけを存分に楽しむものや、隣国とセットのツアー、遺跡巡りを楽しむプランなどもあります。中でもJTBのツアーは、日本語のガイドも同行する古都巡りや、世界一革新的な街と言われているクリチバとのセットプラン、南米最大の都市サンパウロへのフリープラン(ルートも選べる!)があるものなど、かなり充実した中から選ぶことができますのでオススメです。

 

リオデジャネイロおすすめのホテル

旅行といったらもう一つ、ホテルです。リオにはたくさんのビーチがあり、そのビーチ沿いにホテルが建っていることがほとんどです。
まず、『コパカバーナ パレス ホテル』。リオのコパカバーナ周辺のビーチにあるホテルで、5つ星のホテルになります。

 

ホテル内には2つのレストランが存在し、またプールサイドとバーラウンジでも飲み物がお楽しみいただけます。
こちらは口コミでもかなり評判も良く、人気のホテルです。
このコパカバーナビーチの周辺には、人気のホテルがたくさんあるのでいろいろと探ってみると良いかもしれません。
あとは、空港の近くで選ぶなら『ルレ&シャトー サンタ テレサ』がオススメ。遺跡公園や美術館も近く、観光するには最適の立地ですよ。

 

リオ旅行クレジットカードは必需品です

 ブラジル内ではカードの利用も多く、リオも例外ではありません。クレジットカードは利用客も多く、主要の支払い方法ですので心配することはありません。
2、3枚持っていけば安心でしょう。なお、バックパックにいれると出しにくいので小さいハンドバックのようなものか、ショルダーバックがあると便利です。
大きな荷物はバックパックでも構いませんが、安全性を考えると小さなバックはすぐ手が届くところ、目の届くところで持てるものが良いかと思います。

 

リオデジャネイロの治安問題

 最後に注意点とアドバイスですが、まずは治安の問題があります。

 

以前よりもだいぶ良くなったリオの治安ですが、まだまだ旅行者には危ない場所も少なくありません。

 

スラム街や人通りの少ないところ、深夜の徘徊は極力やめたほうが良いと思います。アメリカやヨーロッパとは違って、旅行者も少ないですからグループや二人組で出かけたほうが安全かもしれません。

 

それから、環境設備が整っていないところも多いので、日本から出国する前と帰国後に健康診断等を受けることをおすすめします。
それから旅行を楽しむためのアドバイスとして、カメラと長袖は必須です。リオは景観だけでなく、カーニバルやサンバなどのイベントも多くあります。

 

旅の記念にパチリと残しておくことをおすすめします。カメラは使い捨てカメラでもいいでしょう。
もちろんデジカメの方が性能も良く、シーンに合わせて綺麗に撮れますので、しっかりとしたケースを用意して持っていきましょう。

 

落下には気をつけて下さいね!

リオデジャネイロ旅行準備・持ち物記事一覧

リオデジャネイロ・おすすめ観光地

1763年からブラジリアに首都が移る1960年までの間、リオデジャネイロは首都として活躍していました。ブラジリアに首都が移ってからも、リオは文化や観光の中心となっています。ですから、観光地も多く、観光客も集まります。あの有名なリオのカーニバルもリオデジャネイロで行われています。 そんなリオデジャネイ...

≫続きを読む

 

マラカナン競技場(W杯)【リオ五輪】

 リオデジャネイロでは、2016年8月15日から21日に夏季オリンピックが開かれます。ブラジル及び、ミナミアメリカ大陸で夏季オリンピックが開かれるのは、これが初めてのことです。このオリンピック開催には、東京も立候補していましたが、落選し、2020年のオリンピックの開催地に再度立候補することになってい...

≫続きを読む

 
[PR]